二週間の前に、私はバンクーバー映画祭に一番みたいの日本語の映画「そして 父になる」ちょっと話した。

先週の火曜日みて、すごく感動した。是枝裕和の映画は何時も理解しやすいけど、人間の感情を完全に表現できる。観客はみているとき、いろいろなキャラクターの感情を感じられる。見た後、たくさんものを考える。

プロットを話し前に、福山雅治はすごいだた、福山さんは1988年からいままで、あまり映画をしない。夏休みのとき、私は「真夏の方程式」をみた。東野圭吾の小説が好きし、映画が面白いが、福山さんの演技はまあまあだと思った。今回、福山さんは野々宮良多(父)のキャラクターを完璧に演じた。

とりあえず、プロットは簡単だ。良多(父)とみどり(母)と慶太(息子)は普通な嬉しいの家族だった。でも、慶太は六歳のとき、病院は良多に電話をして、「実は、慶太は良多さんの息子じゃない」といった。それから、良多とみどりは「本物の息子」と「六年間育てたの息子」を選ぶ

私は子供がないけど、見ているとき、「もし、今、私の両親は実の両親じゃなったら、私はどうする」を考えた。血は家族の大切な部分けど、この廿年間私はこの家族といろいろなことをした。嬉しいこと、悲しいこと、楽しいこと、難しいこと。だから、やっぱり、今の家族が好きだ。

Advertisements